top
 

率直な感想としては、もうすっごい便利としか言いようが無い。
もっとはやくから試してたらよかった。必要に迫られないとやらないのは駄目ですね。
簡単な流し込みはもうこれ使っちゃった方がはやいというか、今までスクリプト組んできたものの中で、こっちでもできた作業も確実にあると思う。
あらかじめスタイルとかを用意しとくのは同じだし、データ結合は自動で並べてくれるし改ページもしてくれるし計算の手間がない。

スクリプト使うのか、XSLT使うのか、データ結合使うのか、やりたいこと、やれることをちゃんと加味した上で上手い事選択していかないとねー。

ここからさらに「フィールド名」をタグに変換して、それぞれの内容に割り当てながら流し込めたら最高なんだけどなあ。

 

自分に克つことって。

by buruge ~ 9月 3rd, 2008
 

ここ最近考えていること。
支離滅裂ですがまとめてみる。

■激烈なる変化を求めるあまりそうさ死んでしまう人がいる(無駄死にさやめた方が良い)

とはエレファントカシマシの「so many people」の歌詞。

自分を高める為に厳しくするのは良いと思う。
思い詰めない程度ならば。
でも、高望みというか、自分はこうしなきゃいけないんだみたいにハードルを高くしすぎるのはよくないんじゃないのかなあ、どうなんだろう。

ある程度自分に対する鞭として、目標を設定することは大切だけど、そんな1,2回何をするだけで突如として成長するわけがないし、どっちかと言えば大きく出た挙げ句失敗して大恥かいて落ち込む事の方が多い。(自分はね)
それで、ああやっぱり俺は駄目な人間なんだうつだしのう。。。とかなるの。
これは夢を見ることとは違う次元の話ね。夢はでっかく持ちたいところです。それよりも、もっと現実的なお話。
ああ、あと真逆の「絶対にできない」みたいなのは論外。

■「ユリちょーれっぱ!」は実は完成型。
そうじゃなくて、徐々にハードルを上げて行く方がかしこくない?
近くになんでも完璧にこなすマッチョが居たとして「ああ、俺もこんな人になりてぇ」とか思う時もあるけど、自分は自分にしかなれないからね?
昔、わしが「俺、○○みたいにすぱっと要領よくとかできないからさ」とか話してた時、じょうに「○○とか関係ねーじゃん。ぶるげはぶるげじゃん」って言われたことがあって。ああ、なんか確かにそうだなぁとしみじみ思ったことがある。
マッチョさんのやり方(ライフハックとかメンタルトレーニングとか考え方とか)を参考にするのは方法の一つとしては全然ありで、それを自分用にア レンジすることで「昇龍裂破」にはならなくても「ユリちょーれっぱ!」くらいにはなるし、たぶんそれはそれで「ユリちょーれっぱ!」として完成してるんだ よね。

マッチョに憧れて、マッチョの得意分野でただマッチョの真似してマッチョになろうったってマッチョそのものにはなれない。(なんかややこしいな)
だいぶマッチョ寄りの自分になるだけ。でもそれがきっと一番しっくりきてるはずだし、さらにはマッチョに無い何かが必ずあるわけで。

■憧れることなかれ。
ブクマし忘れちゃったんだけど、どっかのブログに、マッチョは誰かに憧れるとか羨ましいとか勝つ負けるということを考えてるんじゃなくて、昨日の 自分に勝てるように動いてるとか書いてあった。昨日の自分が調子悪かったなら反省点からそこの改善へ、良かったならさらに前に進むことに力を注ぐ、と。
まさにそうで、近づいてるのかどうか分かんないマッチョ(マッチョだけに今でも急速に成長してる可能性もある)にじわじわにじり寄ったって、にじり寄り具合と、マッチョのさらなる進化具合との差に愕然とするだけだからね。そのにじり寄りは決して無駄ではないと思うけど。
それよりも、昨日よりは確実に進化している自分との対面の方が実感があるもの。

誰かを目指しちゃうと、そこに到達できていないというだけで劣等感が生まれて、何かしらの場面で自信の無さが吐露して失敗して落ち込んでみたいな負のスパイラルが起きてしまう。
仮に到達できたとしても、そこで終わっちゃうというか。
昨日の自分よりさらに上をいくようなやり方であれば、比べる相手が自分なので、それがちゃんとうまくいっていればわりとどんな場面でも自信につながるんじゃないかなあ。
そんで目標が昨日の自分だから、常に先があるんだよね。
まあ、これもどっかにずっとに続けるにはきついかもしれないし、絶対的な考えではないと思うけど。


■厳しさを押し付けない。
で、その昨日の自分に勝つためのハードルは、それはそれで上げすぎちゃいかんよね、と。
それでカリカリしてると、今度は自分だけじゃなくて相手にもその自分基準を押しつけ兼ねないのです。
昨日の自分に勝つために他人まで巻き添えにしちゃいけない。
自分への厳しさを他人にまで向け始めるのはタチが悪いです。
(自分もたまにします。申し訳ないです。というか、この文章がまさにそういうのかもしれんけど。)

相手が一般常識を逸する行動や考えをしているのならそれは改めてもらってしかるべきだろうけど、そうじゃないなら相手に高望みした厳しい理想を押し付けるのは迷惑以外のなんでもない。(何も言わずに分かれ的な発想なんて特に。)
自分ができるからって相手にまで押し付けんなよ、と。
その人はその人で、きっと別の部分で自分に厳しくしてるんだと思うし、それを相手に求めたいのであればちゃんと向き合った上で冷静に話し合うとかをしないと駄目だよね。


■結局まとまりません。
ちょっと話がそれたけど、なんだかんだで、漠然といろんなことに興味が沸くと、欲張りになっちゃって全部自分のものにしたい!とかなるけど、全然具体的に何を求めてるのかまでは分かってないもんだから結局何も習得できない時がある。
全てがうまくいかないからどんどん落ちる。
高望みしすぎ。
贅沢なの。
贅沢はたまにするからいいのですよ。
いきなり1から10には行けないのですよ。
ベタでも順序を踏まないとだめなのですよ。
そしてそのベタな順序の踏み方が意外とうまくいったりするのです。
自己流はある程度こなれてからにしなきゃ。

でも失敗も怖いんだよね。
それが許せないんだよね。
だからどこにも間違いのない完璧を求めるんだよね。
とりあえず、頑張り方は分かってきたんだけど、今この「失敗が怖いし、それを犯した自分が許せない」部分だけがどうしても払拭できない。どうすりゃいいんだ。
ここはもう理屈じゃないのかもしれないけど。

で、何が言いたいのかというと、自分のキャパをわきまえて、それに見合った努力をして苦労をして、自立進化の可能性(長門乙)を見いだした方が、 なんでもかんでも完璧にやろうとしたり、どっかのマッチョに憧れてパンクするより、全然効率的でいいんじゃないのかなぁということでした。

「な。分かったか?俺。」
「わかりました。ユリ・サカザキを目指せばいいんですね?」
「わかってねーじゃん」

 

チョウドイイデスネー。

by buruge ~ 8月 4th, 2008
 

今日、ちょっと思うところがあって昔書いたスクリプトを見直してた。
見てたのは自動流し込みのスクリプト。
商品のカラーバリエーションごとにテキストフレームが増えていって、キレイに並ぶように組んであるんだけど、そこの計算式の後ろに奇妙なコメントが。

//よくわからんけどこうするとちょうどいい

( ゚д゚)

そして、そのちょっと下の行には

//よくわからんけどこうするとちょうどいい2

「2」じゃねえよw
なんか全然理屈を理解しないまま、数値をごちゃごちゃいじってたら出来ちゃった感丸出しで吹いたw

まあ、でも、不安だったんだろうとは思う。その後のために一応保険をかけてたんだろうね。

新しいスクリプトでは曖昧な数値はなく、ちゃんと計算してあったので、まあなんというか、ちょっとは自分も成長してるのかなと感じた次第です。(結局自画自賛かよ)

 
 

ここ一年間、仕事ではほとんどクォークかイラレの組版作業ばかりをやってきた2年目の後輩に、先日InDesignの作業をお願いしたんですね。

そしたら「InDesign便利ですねー!」と感動してた。

先日、勉強のために一人で触ったりしてたみたいなんだけど、いまひとつどのあたりが良いのかよくわかってなかったみたい。
やっぱり実践というか、目的があって触ると理解も全然違うんだろうね。

特に今回の作業は表を組んでもらってたもんだから、余計にそう思ったのかもしれない。
今までが今までだし、大変で当然と思っていた作業がメチャクチャやりやすくなっててそこに驚いてたっぽい。
こうなっちゃうと、在版とかでクォークとかの罫線の塊のような表を触りたくなくなるよねーきっと。

で、組版しながら一部の作業を、スクリプトとか、検索置換とかを組み入れつつやってもらったら、普段からコツコツ作業するタイプの後輩が自分でどんどん手早くできるやり方を考え始めたんです。

なんか、ものすごい意識変化を見た気がしてこっちもテンション上がってしまったわ。

自分が始めてInDesignに触ったのは1年目の後半で、しかもあまりイラレとかも触りきってなかったころに忙しくてやらされるがままって感じ だったから、これはこういうソフトなんだっていう前提の感覚だったんだけど、1年間ずっと旧ソフトで作業してた人が新しい手段と出会うとすごい感動を生む んですねえ。

すごい機能があっても、便利な使い方を示されても、普段やりなれた作業と結びついて、そこでの効果を実感しないことにはなかなか良さが分からない。興味がわかない。
実際に触る機会をつくるっていうのはホント重要なことだなと改めて思った次第です。

 
 

substrって、第二引数に負の数字入れると後ろから数えた数字を指定できるんですね。
今日WEBのマニュアル見てびっくり。

substr(”buruge”,-1);//”e”が返ってくる

いっつもポケットリファレンスしか見てなかったから気づかなかった。
これ、すげー便利だわ。というわけでメモ。
文字列を配列にいれて、配列数カウントして…とか考えてたのに。

やー…手探り感丸出しwお恥ずかしい。
プログラミングってむずかしいねー。

 

InDesignにAIデータを配置する時。

by buruge ~ 7月 14th, 2008
 

InDesignCS3からは、配置するIllustrator画像はネイティブファイルでいこう。
ということで、AIに変換して、今までEPSだったものを再リンクしてみました。

…ん?

なんかフレームに妙な余白が。
EPSを貼ってた時はオブジェクトサイズぴったりのフレームで配置できていたのに、AIにしたとたん余白がでるってどういうことなの。
CS2及びCSでもAI配置を試してみたんだけど、どれも余白ができてしまう。
つーことは、別に最近見つかった不具合でもなんでもなくて、以前からネイティブファイルで作業されてる皆さんは普通に扱っているってことになる。
だとすると、これから配置する度に、いちいち余白を手作業で縮める、もしくは余白分の長さを考慮して座標を決めたりしないといけないのか…。
と思いながら、一応ぐぐってみたら、こういうことでした。

「aiファイルの配置」
http://bbs.ddc.co.jp/mt/indesignbbs/archives/5620ai_20050102200800.html

なるほど、読み込みオプションで「アート」を選択すればいいんですね。
試してみたところうまくいきました。オブジェクトサイズぴったり。
今まで「バウンディングボックス」(上記ページだと「境界線ボックス」)っていう設定になっていたので、余白つきで配置されてしまっていたのか。

読み込みオプション

先輩が調べていた情報からしても、これはPDFに含まれる情報に起因するところが大きいみたいで、EPSとは全く解釈が別なんですね。
勉強になった。

 
 

WindowsXPで、Illustrator10のテキストが表示されなくなりました。
お客さんから支給されたデータがWinXP+Illustrator10のデータだったので、久しぶりにWinXPで開いてみたら文字が全然見えない。
テキストツールで触ると触れるし、テキストがあるであろう場所をドラッグしてテキストエディタとかに貼付けるとテキストは出てくるから、テキストそのものは存在してるんだろうけど、どうにも触れない。
表示関係の設定をいじっちゃってたのかと思っていろいろイラレ内を探してみたけど、特に変わってるところもなくてんやわんやしておりました。

どうしょうもなくなって、ぐぐってみたらこれは「MS ゴシック & MS 明朝 JIS2004 対応フォント」がインストールされているとおこる現象なんですね。
今までは「MS ゴシック & MS 明朝 JIS2004 対応フォント」は入れないようにアップデートしてきてたんだけど、こないだSP3にアップデートした時に入ってきちゃったんだろうか。
プログラムの追加と削除から「MS ゴシック & MS 明朝 JIS2004 対応フォント」を削除したらテキストが表示されるようになりました。

結構いろんなところで質問されていて去年の段階で解決はしているようなのですが、昨日自分がブチ当たったのでメモしておきます。

アドビのサポートにも載ってた。
http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?233529+002

 

無理矢理覚醒できないのか。

by buruge ~ 7月 6th, 2008
 

土曜日は夕方からはMRTとDAISUKEと栄で飲んどりました。

で、2件目のバーでものすっごい喋った。
3人の仕事に対する価値観とか、やりたい事に対する意思の持ち方とか、好奇心の度合いとか、すさまじく話した。
お酒飲んで、多分酔っ払ってるはずなんだけど、それがバカバカしいテンションになるんじゃなくて、会話の中に凄まじい熱を帯びさせて言葉が尽きなかったわ。
普段gdgdになる自分も、わりとちゃんと喋れてたし。

言葉にしてみて初めて分かる自分の考えとかもあって、やっぱりそういうことって話すなり書くなりアウトプットしてみないと分からないんだなあとしみじみ思ってしまったよ。
言葉にした時点で、漠然と思い描いてたことがカチっと固まるっていう感覚。

自然とお互いにリフレクションが上手くできてた感じ?

なんか別の機会でも。ここぞと言う時に、こうやって覚醒状態みたいな感じになればいいのになあ。
別の話では、全然説明ができなかったんだよね。
まあそれはつまり、大して考えてないってことにもなるんだけど、考えながら喋っていってどんどんぐちゃぐちゃになっていって、何の説明してるのか分からなくなる。
で、焦ってもっとぐちゃぐちゃになって訳が分からなくなる。
分かったような、分からんような。
なんなんだろうね、ホント。

これって、自分が喋るときも、相手に考えを話してもらう時も、大切なことで、何かを秘めてそうなところを上手いことつついてあげることができるかどうかで、その会話がどれだけ発展するかが変わってくるんだなあと思うのです。

で、大体いかにして盛り上げてやろうかと考えている会話に限って失敗します。
かと言って何も考えずノープランで挑んでも、その場で考えまくって緊張して失敗します。
逆に何もそういうことするような雰囲気でもない時に限って覚醒します。

その上手くつつくっていうことができれば、覚醒状態をコントロールできるんだと思うんだけどね。

相手の思考にはいろんな可能性があって、そのうちどういう考えしてるんだろ?ってことからはじめるのがわし流なんだけど、んなもん分かるわけがな いんだよね。話しながら、徐々にああこういう人なんやねっていう感じで印象を構築していくんだけど、スタートが広すぎるからどこから突っ込んでいけばいい かわからんのさ。

MRTが言ってたこと、あと前のチームリーダーが言ってたのは、相手に対して「きっとこういう人だろう」っていう感じで、ある程度の固定の印象を 付けておくらしい。で、話しててその印象から外れた事を言ったりした時に「どうして?」みたいな感じで質問して、印象を修正していくみたいな。

だから逆なんだよね。やり方が。
固定観念ってあんまりひどく持ちすぎても駄目だけど、持たなさ過ぎると相手を掴めないんだよね。
そうやって限定してれば、こっちも自分の軸を固定さして話もしやすいし、それだったらあるいは覚醒状態も作り出しやすいのかなあと思った。

うん、なんかこうやって自然に日記が長くなるのも覚醒状態みたいなもんだ。
考えがエキサイトして、それをこうやって記してるから余計に頭が回転して止まらない。
まあ今回の日記は前提としてエキサイトした会話があったわけだから、余計に誘発しやすいんだろうけど。
考えてることを記すのってやっぱり大事やね。

で、バーで夜は更け…1時間だけシダックスでカラオケしてMRT宅に泊まらせてもらったのでした。感謝!

 
 

カラープロファイルの不一致とか、そういうタイミングにアラートが出てしまって自動処理が止まっちゃうことがあります。
もしそれが特に必要のないダイアログであるなら、表示させないようにします。

app.displayDialogs = DialogModes.NO;

これでいけました。Photoshop限定。
OpenSpace「Photoshop CS自動化作戦」より。

なんで急にこれなのかというと、前回の記事で作ったスクリプトを、他のマシンで実行してみたら見事にカラープロファイルの不一致アラートが出ちゃいましてね…。
フォルダ内のファイルを全て自動処理してくれるはずが、アラートをいちいちクリックしないといけなくなっちゃったもんだからああもうめんどくさいなあと思って調べました。

バッチ処理だったら、最初からアラート無視のチェックが選べるし、スクリプトにもバッチ処理用のアラート回避のプロパティ(suppressProfile)があるのに、他のカラープロファイル系は保存する時のオプションにしかなくて。
だから、強制的にダイアログを回避することにしたわけです。
カラープロファイルの不一致による画像の色の不具合を避けたい場合は使っちゃだめですね。

 
 

今回、仕事で大量の印刷用EPS画像を、WEB用JPEG画像に変換しなければならなくなりました。
初のPhotoshopでのスクリプティング。

カラーモードをCMYKからRGBへ。
画像解像度を350dpiから72dpiへ。

これだけなら、別にアクション作ってバッチ処理しちゃばバッチrいやなんでもないんですが、ファイル名を商品コードにリネームしなくちゃならんのです。
手でリネームしていくのは入力ミスが怖いし、コピペでやっていくのも選択ミスが怖い。
なので商品コードとファイル名が記述されたタブ区切りテキストファイルを用意してもらい、変換もろともスクリプトで一気にリネームすることにしました。
(タブ区切りテキスト作成も、ちょっとInDesignにスクリプト走らせたりしたんですが、本題とズレるので割愛)

  1. タブ区切りテキストと、指定したフォルダ内のeps画像の名前を読み込む。
  2. タブ区切りテキストを1行読み込み、そのファイル名がの画像がフォルダの中に存在するか調べる。
  3. 存在した場合は開いて、カラーモード変更、画像解像度変更。
  4. タブ区切りテキストでファイル名と共に記してある商品コードの名前でJPEG保存する。

以上をタブ区切りテキストが終わるまで続ける。
という感じで作ってみました。
カラーモード変換とリネームしてJPEG保存はOpenSpace(Adobe Photoshop CS3自動化作戦)を参考にしたので特に問題なかったのですが、画像解像度に少し手子摺りました。
解像度を調べるプロパティ(resolution)が、書き込み禁止で変更が効かなかったからです。
けどまあ、できないわけないだろうと思って英語のリファレンスをずっと眺めていたらありました。
resizeImageで行けるんですね。
今回、画像の縦横比に関しては指定がなく、単純に倍率とかで縮小してたら小さくなりすぎたりしていたので、再サンプルを行わずに純粋に解像度のみを350から72に落とすことにしました。

activeDocument.resizeImage(null,null , 72, ResampleMethod.NONE);

第1,2引数がそれぞれ幅と高さを、第3引数に解像度を指定。
第4引数に画像の再サンプル方法を指定。今回は再サンプルなしなのでNONEです。
で、再サンプルなしの時はいずれか一つを指定することになっているので、第1,2引数はnullとしました。

ちなみに再サンプルの指定なんですが、

  • BICUBIC バイキュービック法
  • BICUBICSHARPER バイキュービック法(シャープ)
  • BICUBICSMOOTHER バイキュービック法(滑らか)
  • BILINEAR バイリニア法
  • NEARESTNEIGHBOR ニアレストネイバー法
  • NONE 再サンプルなし

ということみたいです。
メモメモ。