top

【InDesignCS3+javascript】ライブラリ。

by buruge ~ 4月 30th, 2008. Filed under: InDesignCS3+javascript.

ライブラリからのアイテム配置(library,asset)について。
ライブラリデータ(idl)を読み込んで、そこからアイテムを配置します。
今回必要になって調べたんだけど、今後も必要になるかもしれないからメモ。

liObj = app.open(ライブラリのファイルパス及びファイル名);
mObj = liObj.assets.item(ライブラリにあるアイテム名);
mObj.placeAsset (配置する場所);

挿入する場所に指定できるのはDocumentかTextのみです。

mObj.placeAsset (app.activeDocument);

にするとアクティヴなドキュメント上に配置されます。
テキストフレームを作成して、仮にそれをtxtObjとすると

mObj.placeAsset (txtObj.texts);

で、テキストフレーム内にアイテムが納まります。
配置場所を座標で指定したい時等は、テキストフレームに読み込んだ方が融通が効くのではないでしょうか。

[8589]javascriptで,ライブラリのアイテムを割り付けたい
http://bbs.ddc.co.jp/mt/indesignbbs/archives/8589javascript_20060323142200.html
を参考にしました。

Leave a Reply