top

自慢話されまくって思ったこと。

by buruge ~ 5月 17th, 2010. Filed under: 雑記.

しばらくぶりの更新です。
といっても、DTPは全く関係ないのですが…。

いくら面白い話をしようとしても、興味を惹かせようとしても、相手に対してボケ倒す行為が良いというわけがない。
本当に面白くて吹き出してしまうものならともかく、流れ的に笑わなければならない物を連続して言われ続けると突っ込む側としては疲れる。
特に、ツッコミによってきちんとしたボケへと昇華させないといけない場合(「あなたは今面白い事を言いましたね」と相手に伝える、いわばヨイショしなければならないタイプのボケ)は本当に疲弊する。
基本的にボケって、相手に「今俺おもしろいこと言ってるよ!」っていうことでしかなく、それをツッコミが立てているわけで、それはボケている人が気持ちいいだけであり、もうそれが作業的に形骸化しちゃうと、ある種自慢話をして悦に浸ることと何ら変わりがない。

一番心地よいのは、ボケ合ってツッコミ合う形であろうと思う。
まあボケとツッコミで考える必要は全然なくて、要はお互いに言葉をやりとりするだけでいいんだけど。
そこにはお互いに対するリスペクトが存在し、その話を面白い方向へと向かわせようとする意思が大変心地よい。
そうではないにしても、話す方も聞く方も、相手が何を話したいのか、何を聞きたいのか、そういうのを少し考えて話をするだけで全然印象が違うと思うんだけどね。
一方的に話すにしても、それまでにそういったやりとりがあれば、こちらも素直に聞き役に回れるし、それこそいつも聞いてくれる人ならば「いつも聞いてもらってるし、今日はしっかり話を聞こう」って思えるし。

普段のやりとりがあるからできる、ツッコミなんだろうな、と思う。
だから少しでも「対話」をしてくれる人であるのならば、流れ的に笑わなければならないものであっても、ツッコミによって昇華されるものであっても、全力で聞くよ!ノるよ!拾うよ!笑うよ!ツッコむよ!なんだかんだ言って会話って普通に楽しいしね!

裏を返すと、自分もしょうもない出来事つらつら述べ倒すだけの時もあるので(しかも笑ってくれみたいなニュアンスで)ある意味自戒の意味を込めた文章なのでした。ちゃんちゃん。

(まあ要はさ、俺だって話したいことがあるんだよ…スルーすんなよ…ってことだよ。
それを素直に言えない自分にも責任はあるんだろうね。
あとは、もしかしたら俺が相手の話に興味ないのかもな。これ致命的。興味ありゃ聞くもんなきっと。)

Leave a Reply